オリーブ設計 スタッフブログ

2020.03.11

御殿

Naoya.H
Naoya.H

【#11】御殿
今回は出張で京都を訪れた際、弊社代表の粋な計らいにより、フリータイムを頂きましたので『二条城』に訪れました。

『二条城』は1603年に徳川家康が天皇の住む京都御所の守護と、将軍の上洛(京都に上る)時に宿泊所とするために築城しました。天守を焼失した現在では「城」というよりも「住まい」と行った方が合点がいきます。

1867年には江戸幕府15代将軍の徳川慶喜が、政権を天皇へ返上することを宣言した「大政奉還」の場所として知られています。1994年にユネスコ世界遺産にも登録され、桃山文化を今に伝える重要な建物とも言えます。

こちらは「唐門」で、二の丸御殿の正門にあたります。豪華絢爛な装飾がとても目を引きます。

こちらが「二の丸御殿」です。書院造の代表例として教科書にも載っているので、二条城と言ったらこの建物を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

ここである看板が目に入ります・・・

やはりこんな時でも僕は間が悪いようです(笑)

本丸御殿については全く何も見えませんでした(汗)

1750年に落雷により焼失した天守閣跡は高台となっており、城内を見渡すことができます。

十分に城内を散策し、満足して帰路に着いたはずなのですが、何故か物足りない気持ちに駆られます・・・ところが、何かを忘れているような・・・

あっ!!御城印(ごじょういん)を買うのを忘れた!!以前、清州城に訪れた際に収集を始めて(当ブログ「城印」にて紹介しています)、せっかく御城印帳(御城印を貼り付ける冊子)も用意しているのに・・・

また訪れる言い訳にしようと思います(;^_^A